マンション売却の費用

マンション売却のための費用とは?出ていくお金に注意しよう

マンション売却のための費用とは?出ていくお金に注意しよう

 

マンションは数百万円から数千万円もする、大きな財産です。それを売却するわけですから、少なからず大金を手にするでしょう。

 

 

とはいえ売却すれば、その金額が丸々ローンの返済や新居の購入費用に回せるわけではありません。マンションを売却することで出ていくお金もあるので、注意しましょう。

 

不動産会社に払う仲介手数料

 

出ていくお金で一番大きいのが、不動産会社に払う仲介手数料になります。これは売却価格によって変わってきます。

 

 

手数料の上限は200万円以下なら売却価格の5%、400万円以下なら4%プラス2万円で400万円を超えれば3%プラス6万円になります。

 

 

もしマンションを購入する際に住宅ローンを組んでいる方なら、抵当権抹消登記費用が必要です。マンションの場合は登録免許税が3,000円と司法書士への報酬金として、1万円前後かかるでしょう。

 

 

大きい金額ではありませんがローン完済時には繰り上げ返済手数料、売買契約書にかかる印紙税も数千円かかります。

 

マンションのリフォームやハウスクリーニング

 

また必ずかかるわけではありませんが、買い手を探すためにはマンションのリフォームやハウスクリーニングが必要になる事もあります。リフォームは大がかりなことはしなくても良いです。

 

 

しかし買い手を探すために、必要程度のリフォームは必要でしょう。売却してから欠陥が発覚したら瑕疵担保責任により、売主が修繕する必要が出てきます。

 

 

普通の生活を送る上で必要な修繕は、売却前に行うべきです。ちなみにハウスクリーニングだけなら、マンションの間取りにもよりますが5万円から10万円くらいは準備しておきましょう。

 

マンション売却のための費用とは?出ていくお金に注意しよう

 

リフォームやハウスクリーニングによってマンションが高く売れることもあるので、どの程度すべきか不動産会社に相談してみましょう。そしてマンションを出て行く時には、引っ越し費用もかかります。

 

 

距離や荷物の量によって変動しますが、数万円から10万円ほどは用意しておいた方がいいでしょう。また売却のタイミングによっては、すぐに新居に移り住めずに仮住まいを準備しなければいけません。その場合の費用も頭に入れておきましょう。

 

事前にマンション売却のためにかかる費用を知っておきましょう

 

実際にいくらでマンションが売却できるのかは、売り出してみないとわかりません。事前にマンション売却のためにかかる費用も知っておかないと、いざという時にお金が足りなくなる場合もあります。

 

 

どのようにしてマンションが高く売れるかも大事ですが、売れた時にかかる費用も頭に入れておきましょう。マンションの売り方やタイミング次第では、出て行くお金も抑えられる場合もあります。不動産会社とその点を話し合っておく事も大切でしょう。