マンションの買取

マンションは買取が良い?売却との違いと主なメリット

マンションは買取が良い?売却との違いと主なメリット

 

マンションを手放す場合、不動産会社と媒介契約を交わし買主を探してもらうのが一般的です。ですがマンションを売る方法には売却のほかに、買取という選択肢もあります。

 

 

買取には売却とは違うメリットもあり、ケースによっては買取のほうがいいケースもあるのです。

 

売る相手が違う

 

買取と売却の大きな違いは、売る相手が違う点です。売却では実際にそのマンションに住む人になりますが、買取は不動産会社が売る相手になります。

 

 

そのためマンションの所有者は一旦不動産会社になり、そこから不動産会社が他の買主を探す事になるのです。結果的に同じ個人が住むことになるのでしょうが、その流れによって売る金額も売れるまでの期間も違ってきます。

 

マンションは買取が良い?売却との違いと主なメリット

 

マンション買取のメリットは、手放すまでの期間が短いという点です。直接不動産会社が買ってくれるので、早ければ数日でお金を受け取り手放す事が出来ます。

 

 

そして売却の場合は不動産会社に仲介手数料を支払うことになりますが、買取ならこれは不要です。売却金額によっては仲介手数料も高額になる事もあるので、これを支払わずに済むのは大きなメリットでしょう。

 

瑕疵担保責任が免除される

 

その他のメリットとしては、瑕疵担保責任が免除される点にあります。一般的に個人がマンションを売却した場合、買主が購入後通常の生活を送るのに支障がある欠陥が見つかった時には、売主に損害賠償請求できるというものです。

 

 

この期間は3ヶ月となっているので、売却の場合は少なくとも3ヶ月経過するまでは安心できません。ですが買取なら瑕疵担保責任は免除されるので、売買契約が成立すればトラブルを回避できるのです。

 

 

ただ買取にも大きなデメリットがあります。不動産会社からすれば買取したマンションを他のお客さんに売って、その差額で利益を得ますので売れない場合のリスクを負うことになるのです。そのために買取金額は売却金額よりも安くなり、相場の60%から80%程度になってしまいます。

 

マンションの買取に適したケース

 

マンションの買取に適したケースとしては、どうしても今すぐ売りたいという方でしょう。例えば早急に遠くに引越ししなければいけなくなった、急にまとまったお金が必要になったというケースなどです。

 

 

さらに買い手がつきにくいようなマンションなら、買主がいつ現れるかわかりません。そんな時は買取の方が良いでしょう。急いでマンションを売らなくてもいい、できるだけ高く売りたいと思っている方は不動産会社と媒介契約を交わして売却したほうがいいです。