マンション売却より貸す方が儲かるとき

マンションを売却するよりも貸す方が儲かるケースとは

マンションを売却するよりも貸す方が儲かるケースとは

 

住んでいないマンションなら売却を検討する方も多いでしょう。それ以外の使い道として、売らずに貸すという選択肢もあります。いろいろな状況がありますが、マンションを売却するよりも貸す方が儲かるケースもあります。

 

マンションを貸して儲ける

 

マンションを売却すれば数百万円から数千万円の大金を手にすることができますので、かなり儲けた感じはするでしょう。特に今すぐまとまったお金が欲しいという方は、売却の一択しかありません。

 

 

ですが、そういう方以外なら長い目で見れば貸した方がかなりの金額を得られることもあります。マンションを貸せば、毎月安定した収入を得る事ができます。

 

 

物件にもよりますが、都内なら毎月最低でも10万円くらいの家賃収入は見込めます。月に換算して120万円で10年間貸せば、1,200万円にもなるでしょう。さらに住宅ローンや固定資産税を経費として算入できるので、税金対策にもなります。

 

マンションの価値は年々下落していくもの

 

ただマンションの価格は、年々下落していくものです。前述のマンションの価値が10年で1,200万円以上下落してしまえば、やはり売却の方が儲かる事になるでしょう。

 

 

そのため売却よりも貸す方が儲かるケースとしては、あまりマンションの価値が下がらない場合です。仮に10年経っても価値が大きく下落しないマンションなら、純粋に家賃収入分多く儲かる計算になります。

 

マンションを売却するよりも貸す方が儲かるケースとは

 

マンションを貸す場合のリスクとしては、空室になってしまうことです。そのため貸す方が儲かるケースは、長期間借りてくれる人がいる場合や、退所しても新しい人がすぐに入所するような好立地のマンションになります。

 

 

好立地なら長期間の安定収入を期待できますし、時勢によって家賃のアップもできるでしょう。マンションの価値があまり下がらないのなら、借りる人がいなくなった時に売却を考える事も出来ます。

 

不動産会社にアドバイスをもらう

 

自分が住まないマンションがあるなら、すぐに売却を考えるかもしれません。しかし、立地によっては貸す方が儲かる場合もあります。もし経済的にも安定していてまとまったお金も特に必要ないという方は、毎月安定収入を得られる賃貸を選んでもいいでしょう。

 

 

ただ自分のマンションが売却がいいのか、貸す方が儲かるのかは素人では判断が難しいところです。ですので、もしどうしたらいいか悩んでいる方は不動産会社に相談してみてもいいでしょう。

 

 

住んでいるわけではなく、マンションの周辺状況も立地条件もよくわからないという方は、なおさらその地域の不動産に精通した不動産会社にアドバイスをもらった方が無難です。