マンション売却とローン

ローンが残っていてもマンションの売却を始められる?

ローンが残っていてもマンションの売却を始められる?

 

マンションを購入する場合、たいていの人は住宅ローンを組んで毎月返済していくでしょう。住宅ローンは20年から30年くらいで組んでいる人が多いので、マンションの売却を考えていても、住宅ローンが残っている人は少なくありません。

 

 

では住宅ローンが残っていても、マンションの売却は始められるのでしょうか。

 

マンション売却の手続きはスタートできる

 

結論から言えば、住宅ローンの残債があってもマンションの売却は始められます。ただしあくまでも売却の手続きをスタートできるだけあり、実際に売却するには抵当権の抹消手続きが必要になります。

 

 

抵当権は住宅ローンを完済することで、問題なく抹消できます。もし住宅ローンの残債が少額で、預貯金から完済できるのであれば何も問題ありません。

 

 

購入して間もない方は残債が高額で、すぐに完済は無理という方もいるでしょう。そんな方でもマンションの売却価格がローンの残債を上回るのであれば、その場合も抵当権の抹消は出来ます。

 

 

ですがマンションを売っても住宅ローンを完済できない場合は、抵当権の抹消はできない、すなわち売る事もできないわけです。

 

マンションを高く売る事が重要

 

もし新居を購入するためにマンションを売るという方であれば、新居の購入で契約する住宅ローンに残債を組みこんで新たに借り入れする買い換えローンもあります。

 

 

住宅ローンの返済が困難になってしまい、マンションを売りたいと考えているなら、任意売却や競売になる事もあるでしょう。ローンが残っている状態でマンションの売却をする際、やはりマンションを高く売れる事が重要になってきます。

 

ローンが残っていてもマンションの売却を始められる?

 

ローンの残債を上回るか下回るか、という微妙なラインのマンションも少なくありません。上回るのなら何の問題もありませんが、下回るならマンションを売却できないという流れになる事もあります。

 

 

そのためにはマンションをより高く売ることがポイントになるでしょう。とはいうものの販売価格が高ければ、すぐには買い手が見つからない事も多いです。

 

不動産会社選びが重要

 

高く売るにも早く買い手を見つけるにも、不動産会社選びが重要になってきます。マンションは売り方によって、数十万円から数百万円もの差が出る事もあるでしょう。

 

 

少しでも高く売りたいと思うのは誰でも同じですが、ローンが残っている方にとってはいくらで売れるかは非常に大事なポイントになります。信頼できる不動産会社ならどのようにして高く売れるのかアドバイスしてくれます。

 

 

万が一ローンが残ってしまう場合の対応策も、しっかりと検討してくれるはずです。住宅ローンの悩みを抱えている方は、まずは不動産会社に相談してみるのが一番でしょう。