離婚でマンションを売却する

離婚をしてマンションを売却する場合の主な注意点

離婚をしてマンションを売却する場合の主な注意点

 

マンション売却を検討するケースとして意外と多いのが、離婚です。結婚後、新居としてマンションを購入したのに離婚となれば、売却も視野に入れないといけないでしょう。ただ一般的なマンション売却と違って離婚した場合は、注意点がいくつかあります。

 

住宅ローンが残っているか

 

まずポイントとなるのは、住宅ローンが残っているかどうかです。たいていの場合はマンションの購入は一括ではなく、住宅ローンを組むでしょう。もし住宅ローンを組んでいても完済しているなら、何も問題ありません。

 

 

マンションがいくらで売れようと、後は夫婦で財産分与すればいいのですから。問題があるのは住宅ローンの残債がある場合で、マンションの売却価格がそれを下回る場合です。

 

離婚をしてマンションを売却する場合の主な注意点

 

売却価格が住宅ローンの残債を上回るなら、売却して住宅ローンを完済し残りのお金を夫婦で分配すれば問題ありません。残債を大きく下回る場合には、売却費用を差し引いた残債を補填しなければいけなくなるのです。

 

 

少額ならどちらかもしくは双方で負担しても構いませんが、高額になるとそれも難しくなってくるでしょう。そうなると、任意売却や競売にかけるしかなくなってしまいます。

 

マンションの買い手を見つける

 

離婚してマンションを売却するにしても、買い手がいなければ適いません。この金額で売却できれば住宅ローンも完済できる、と思っていても買い手が見つからなければ始まらないのです。

 

 

離婚が原因で別れる場合には、早く売って離婚に関わる手続きを早く済ませたいと思うでしょう。それなのになかなか売れなければ、いつまでも解決しません。もし早く売りたいと思ったなら、不動産会社に相談してみるのも一つの方法です。

 

 

早く売りたいなら売却ではなく不動産会社に買取してもらう選択肢もありますし、どれくらいなら売れるのかどうやったら早く売れるのかアドバイスしてもらえるでしょう。

 

信頼できる不動産会社に相談してみる

 

離婚によりマンションを売却する場合には、いろいろと注意しなければいけない事があるので容易ではありません。ましてや夫婦の不仲で離婚することが多いのでしょうから、財産分与でもさまざまなトラブルになる事もあるでしょう。

 

 

離婚の原因によっては慰謝料や養育費など、いろいろと他に費用がかかる事もあります。離婚調停になることも、考えられるでしょう。

 

 

いろいろな手続きが必要な時にマンションの売却問題も加われば、さらに厄介な事が増えてしまいます。ですので、マンション売却に関しては信頼できる不動産会社と相談してみるのが一番でしょう。