マンション売却のシュミレーター

マンション売却の手助けとなるシュミレーターの特徴とは

マンション売却の手助けとなるシュミレーターの特徴とは

 

不動産情報サイトを調べていると、最近は必ずといっていいほど目にするのがマンション売却のシュミレーターです。

 

 

都道府県や最寄りの沿線、築年数や専有面積などのマンションの情報を入力するだけで、おおよその現在の価格がわかるというシステムです。マンション売却の手助けとなるシュミレーターの特徴を、詳しく見てみましょう。

 

シュミレーターでマンションの価値を知る

 

マンションの売却を本気で検討している方は、直接不動産会社に査定を出してもらうでしょう。ただその前にある程度、マンションの価値を知っておく事も大切になります。

 

 

また売るかどうか迷っている段階の方も、シュミレーターでマンションの価値を知れば参考になるでしょう。シュミレーターはインターネットで何項目かの必要事項を入力するだけで、マンションの大まかな売却価格がわかります。

 

 

マンションの価値は車などとは違い、築年数や専有面積だけで判断できるものではありません。さらに地域によって地価が違うので、同じ間取りでも価格に差が出るのが普通です。

 

マンション売却の手助けとなるシュミレーターの特徴とは

 

シュミレーターは国土交通省が公表する公示地価と都道府県が公表する基準地価を基に、さらに過去の売上事例に基づいて価格を算出しています。

 

 

不動産会社の査定もこういった地価をもとに算出しているので、シュミレーターでもある程度正確な価格がわかるのです。

 

スマホでも簡単シュミレーター

 

最近はスマホを使う人も増えていますが、パソコンだけでなくスマホでも簡単にシュミレーターを活用できます。ただあくまで算出した査定額は目安であり、不動産会社の査定額とは差が出る事もあるでしょう。

 

 

もちろん不動産会社の査定額も、実際の購入額との開きが出る事もあります。しかし、シュミレーターよりは不動産会社の査定の方が正確かもしれません。

 

 

それはシュミレーターでは算出できない価値もマンションにはあるからです。日照条件や風向きなどはマンションによって異なりますし、同じマンション内でも階層や位置によっても差があります。

 

不動産会社の査定を受ける

 

本気でマンションを売却したい方は、シュミレーターの結果はあくまで初期の段階での参考にしておきましょう。

 

 

まずは、不動産会社の査定を受けるべきです。その際にシュミレーターの価格との差を、不動産会社に確認してみてもいいでしょう。

 

 

そうすることで売りたいマンションは、どんなプラス要素があるのか何がマイナス要素なのかが分かるので、売却の参考になるかもしれません。マンション売却を検討している方はまずシュミレーションしてみるといいでしょう。