マンション売却の査定

査定の受け方で大損も?マンションの売却で査定額を高めるには

査定の受け方で大損も?マンションの売却で査定額を高めるには

 

マンション売却の際にはまず、不動産会社に査定額を出してもらうのが一般的です。車と違ってマンションの査定はあくまで目安であって、必ずしもこの査定額で売れるわけではありません。

 

 

実際に不動産会社の査定額よりも高く売れる事も、逆に安く売ってしまうこともあります。ただ販売価格を決定する上では一番参考にする額で、査定の受け方で大損することもあるのです。

 

 

仮に不動産会社の査定額が1,000万円だった場合、時間的に余裕があれば少し上乗せしてだいたい1,100万円くらいで売り出す方が多いでしょう。

 

 

ですが実際にそのマンションの価値はもっと高く、本来なら1,300万円でも買いたい方がいたかもしれません。もしも購入希望者が複数いたなら、1,300万円以上でもすぐに買い手が付いていた可能性もあります。

 

 

不動産会社の査定額がもっと高ければ、販売価格も高めに設定したでしょうから200万円も大損することもなかったでしょう。マンションの売却で不動産会社の査定額を高めるには、複数の不動産会社に査定を受けてみることが大切です。

 

複数の不動産会社に査定を受けてみることが大切

 

マンションの査定額は不動産会社によって異なり、物件によっては数百万円もの差が出る場合もあります。その査定額がより現実的な数値なのかは、一概には言えません。

 

 

ただ、複数の不動産会社に査定を受ければ相場が見えてくるでしょう。仮に5社に査定を受け、1社は1,000万円で残りの4社が1,300万円前後なら、相場は1,300万円くらいと判断できるでしょう。

 

 

さらに1社は1,500万円という査定額なら、もしかしたらこの額でも買い手が付く可能性もあるとも考えられます。この場合、買い手が付くだろうと思われる1,300万円で売り出してもいいでしょう。

 

査定の受け方で大損も?マンションの売却で査定額を高めるには

 

時間的に余裕があるなら、まずは1,500万円で売り出すのも良いです。もちろん結果的になかなか買い手が付かずに値下げを繰り返し、それで1,000万円でしか売れなかったとしてもこれなら納得できるはずです。

 

 

マンションの査定額は、高ければ高いほどいいわけでもありません。高ければいつまでも売れない可能性もあるからです。

 

 

高い査定額を受けて売れなければ値下げしていけばいいのですが、安く手放してしまっては大損してしまいます。大切なのは複数の不動産会社に査定をしてもらい、自分が売りたいマンションの今の相場を知っておくことです。

 

 

特に査定額が低いと感じたら、他の不動産会社に査定を依頼してみましょう。また不動産会社にアドバイスをもらえば、査定額を高めるちょっとしたポイントをアドバイスしてもらえる場合もあります。

 

 

査定額は、販売価格を決定する上で一番重要です。1社だけの査定で判断しないようにしましょう。