マンション売却の手数料

避けられない?マンション売却で発生する手数料をチェック

避けられない?マンション売却で発生する手数料をチェック

 

マンション売却で発生する費用として一番大きいのが、契約した不動産会社に支払う仲介手数料です。

 

 

仲介手数料は不動産会社がマンションの売却で得られる報酬ですから、どこの不動産会社と契約しても避ける事はできません。手数料は売却価格に応じて発生するので、どれくらいかかるのかチェックしておきましょう。

 

仲介手数料

 

マンション売却で発生する仲介手数料は、不動産会社が自由に設定できます。ただし仲介手数料の上限は決められており、たいていの不動産会社は上限額となるでしょう。

 

 

仲介手数料の上限額は、売却価格によって3段階に分かれています。売却価格が200万円以下の場合は売却価格の5%、200万円超から400万円以下なら売却金額の4%プラス2万円、400万円を超える売却金額なら3%プラス6万円です。

 

 

物件にもよりますが、たいていのマンションは400万円を超える事が多いでしょう。売却金額の3%プラス6万円と思っておいた方が、良いかもしれません。ただし厳密に言えば、その金額に消費税がプラスされます。

 

 

例えば1,000万円でマンションが売れた場合には、1,000万円の3%である30万円プラス6万円で36万円、消費税が8%なら総額で38万8,800円が不動産会社に支払う仲介手数料になります。

 

仲介手数料の支払い時期

 

気になるのが、仲介手数料の支払い時期です。仲介手数料は成功報酬であり、請求は売買契約が成立した時に発生します。つまり買主との売買契約を交わしてからの請求となるのです。

 

 

ということは、不動産会社によっては売買契約時に仲介手数料全額を請求される可能性もあります。マンションの売却金を全額受け取れるのは、一般的に引き渡し完了時です。

 

避けられない?マンション売却で発生する手数料をチェック

 

そのため売買契約の時点で全額請求されても、支払えない方もいるでしょう。ただ一般的には売買契約が成立した時に仲介手数料の50%、引き渡しが終わり次第残りを支払うことが多いようです。

 

 

不動産会社によっては媒介契約を交わした時に手付金として、一部の仲介手数料を請求するところもあるようですが、この場合は一切支払う必要はありません。

 

 

また売買契約時に支払う仲介手数料の50%の支払いも厳しいという方は、不動産会社に相談すれば引き渡し完了後に全額支払いという対応をしてくれるところもあります。

 

マンション売却にかかる費用で一番の高額な仲介手数料

 

仲介手数料はマンション売却にかかる費用で一番の高額です。タイミングによっては支払いが厳しくなる事もあるので、支払いについては事前に不動産会社に確認しておきましょう。

 

 

また請求された時に驚かないようにどれくらいの手数料がかかるのか、販売価格から算出して頭に入れておく事が大切です。