マンションは売却と賃貸どっちがいいの?

マンションは売却と賃貸のどっちが良い?それぞれの特徴

マンションは売却と賃貸のどっちが良い?それぞれの特徴

 

マンションは、売却する方法と賃貸する方法があります。それぞれに特徴があり、どっちがいいのかはそのマンションによって異なります。まずは売却と賃貸のそれぞれのメリットとデメリットを知って、自分が所有しているマンションはどちらがいいのか検討してみましょう。

 

マンション売却のメリット

 

マンション売却のメリットは、売れればまとまったお金を得る事ができる点です。住宅ローンがあれば完済する事も出来ますし、新居購入の費用に回す事もできるでしょう。

 

 

また売却すれば、それ以降にかかる固定資産税や管理費、維持費も一切かかりません。ただマンションは購入する人がいればこそ売れますが、いつまで経っても売れないこともあるでしょう。

 

 

売れなければ住んでいようといまいと、税金や維持費がかかります。買い手を見つけるにはリフォームしたり販、売価格を低くしたりと対策が必要です。

 

 

また売却してから3ヶ月間ですが、瑕疵担保責任があるのもデメリットと言えるでしょう。そして媒介契約する不動産会社によっては、安く手放してしまう恐れもあります。

 

マンション賃貸のメリット

 

一方でマンション賃貸のメリットは、毎月安定した収入が得られる点が大きいでしょう。固定資産税はかかりますが、ローンも含めて経費として確定申告の際に差し引く事も出来ます。

 

 

ただデメリットとして一番大きいのが、空家のリスクです。安定収入も借りる人がいればこそであり、借りる人がいなければ維持費ばかりが無駄にかかる事になります。

 

マンションは売却と賃貸のどっちが良い?それぞれの特徴

 

そして借主によっては、さまざまなトラブルを引き起こしてしまう可能性もあるでしょう。とりあえず賃貸にしておき、売りたくなったから売却すればいいと思われがちですが、入居者がいる場合には法律上強制的に退居させることができないのです。

 

 

もし一旦賃貸にしておき、いずれ売却するもしくは自分達が住む予定があるのであれば、賃貸期間を最初から決めておく定期借家契約を交わしておきましょう。

 

信頼できる不動産会社に相談してみる

 

このようにマンションの売却と賃貸では、それぞれに特徴があります。売却して新居の費用にしたいという方は売るしかないでしょうし、いずれ自分達が住む予定なら賃貸となるでしょう。

 

 

どちらでもなく売却でも賃貸でも構わない、という方はどっちのメリットが大きいのか信頼できる不動産会社に相談してみるといいでしょう。

 

 

マンションもそれぞれ条件が異なるので、素人では判断できない事もあるでしょう。そんな時でも不動産会社なら、適切なアドバイスをしてくれるはずです。